日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2005/7/11 水路転落死亡事故、再発防止策の徹底を

 福山市内いたるところで、水路転落死亡事故があいついで起こる中、赤坂町で、5日、市道脇の水路に、女性が転落し、死亡するという痛ましい事故が起こりました。

 日本共産党福山市議団(村井あけみ、川崎誠、土屋知紀市議)は9日に、事故現場の現地調査をしました。
 現場を調査した各議員は、被害にあった方の冥福を祈るとともに、周辺住民に事故状況の聞き取り調査を行いました。
 事故現場は、交通量が多い上、歩行者が安全に歩行できないほど道幅が狭い上、ガードレールも道の途中までしかなく、街路灯もなく、危険な状況でした。
 
 調査をもとに11日に、市関係課に、ガードレールの延長と、街路灯の緊急設置を求めました。
 対応した市職員は「ガードレールは道路維持課に連絡し、設置の方向を検討する。街路灯は関係町内と連携する」と、改修を約束しました。

 福山市では、2000年以降、市内で20件以上の水路転落死亡事故が続発し、緊急的に危険箇所を整備する事業が行われています。 今年度は、緊急危険箇所対策の最終年度で、日本共産党は対策の継続を求めています。


事故現場を調査する川崎誠市議=9日、赤坂町

活動報告にもどる

TOPページにもどる






 


日本共産党福山市議会議員会