日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2005/7/19 神辺町議員団・福山市議団 し尿処理場の合同視察

 19日、日本共産党神辺町議団(小森幸雄団長、式部昌子、井上よし子町議)と、福山市議団は、神辺町川南のし尿処理場の現地調査を行いました。

 神辺町し尿処理場は、築40年以上が経過し、施設の老朽化が進んでいます。
 その上、現在70キロリットルの処理能力に対し、搬入量が71〜73キロリットルの時もあり、処理能力が限界に達している中、職員の献身的な努力により、し尿処理行政が支えられています。
 深品環境衛生組合議会の論議では、現在の処理方式から、大量の水で希釈するだけの方式に切り替える、建て替え計画が持ち上がっています。
 現場職員は「現在の神辺町のし尿の処理方式は、菌で分解する方式で、処理のコントロールがし易いというメリットがある。施設の老朽かもすすんでいるが、熟練職員のノウハウで、事故や、問題は一度も起きた事がない」と話していました。

 老朽化した、施設は狭く、複雑な構造でした。
 日本共産党議員団は、今後、どのような処理方式が適切か、研究を続けることにしました。

職員の説明を聞く神辺、福山両議員団=19日、神辺町し尿処理場

活動報告にもどる

TOPページにもどる




日本共産党福山市議会議員会