日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2005/7/20 自動車依存から脱却を―バス路線廃止問題を考える

 20日、路線の廃止が予定されているバス交通問題を含めた、市内の公共交通問題を議論するため、特別委員会が開かれました。市議21人が出席し、日本共産党からは土屋市議と、高木たけし市議が出席しました。
質疑の概要を報告します。

コミュニティバス・福祉バスの実現を
 
 委員会では市側から、「公共交通機関のバスは福祉・環境など様々な問題と重なる。市としてバス利用の計画を作る」として、06年3月末までに完成させるため、市内全域でアンケート調査を行う事が、説明されました。バスは、中国バスが10月1日に北部を中心に10路線、井笠バスが来年1月に、2路線の廃止を予定しています。
 質疑で土屋委員は、バス路線の廃止が市民に与える影響について、市の認識を質しました。市は「移動手段を持たない人への影響は認識している。 バスの果たす役割は非常に大きい」と答えました。
 続いて、高齢化の進展など、まちづくり・環境面からも、過度のマイカー依存から脱却し、公共交通機関を充実させるよう指摘。
 大型道路の建設計画など、自動車依存の交通政策を転換するよう求めました。

コミュニティバス・福祉バス・市バスなど方策は可能

 現在の道路運送法を活用すれば、市独自でも、バス事業の運営が出来るのか質したところ、「運行の方策自体は、可能」ということが明らかになりました。
 そこで、「市もしくは委託形式で市町村バス・福祉バス・スクールバス・コミュニティバスなど検討せよ」と低廉で、狭い地域でも小回りの効くバス事業の運営を求めると「指摘された点も踏まえて、どういった形が良いのか検討していきたい」との答弁でした。他の委員からは、「来年の計画策定まで。バス会社に撤退延期を働きかけるべきだ」という、意見も出されていました。

活動報告にもどる

TOPページにもどる




日本共産党福山市議会議員会