日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2005/8/3 平和のための戦争展

福山市の市民参画センターで三十一日から三日間、「平和のための戦争展」が開かれました。
 主催したのは医療生協や平和委員会などでつくる実行委員会(橘高伸侃代表)で、一九七七年に第一回を開き、終戦六十周年にあたる今年が七回目の開催になります。
 一九四五年八月八日の福山空襲をはじめ、戦時下の暮らしや教育、反戦・平和を求めた人たちのたたかいなどの写真パネルや遺品、書籍など約二百五十点が展示されました。
 その一部は四日から十一日間、鞆町にある茶房セレーノで開かれる戦争展で引き続き展示されます。
 橘高代表は「いま日本では、首相の靖国神社参拝問題、戦争を賛美する『つくる会』教科書の問題、平和憲法の改悪が狙われている問題の三つが問われている。私たちは歴史から学び、未来に恥じることのない世界に通用する選択をしなければらない」と言います。
 観覧した三十歳の女性は「戦争で犠牲になるのは戦争を始める人ではないことが、写真を見てよく分かった。たくさんの本が自由に見れてよかった」、六十八歳の女性は「戦争は犯罪です。平和を守るため、憲法九条を守る大きなうねりをつくるため、一人ひとりが勇気を持って語り広げたい」との感想を寄せました。


福山市民参画センターで開かれている「平和のための戦争展」=31日

活動報告にもどる

TOPページにもどる



日本共産党福山市議会議員会