日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2005/8/4 ”核兵器なくせる”青年の集いに3000人

 「青年の力で、核兵器のない21世紀を作る運動の交流と連帯をつくろう」―。「核兵器なくそう 世界青年のつどい IN 広島」が4日夕、広島市で開かれました。
 「高校を被爆者と訪問し、体験を語ってもらった」(アメリカの青年)日本の平和憲法を守るため、市民が力を合わせよう。がんばっていきまっしょい」(韓国の青年)。
 海外代表や日本各地で活動している青年が訴えるたびに大きな拍手がわきあがり、「オー」「いいぞ」と掛け声が飛びました。

 集いは、昨年の原水爆禁止世界大会に参加したフランスの青年が呼びかけ、平和団体「フランス平和運動」と日本の準備委員会が共同し、初めて開催しました。この集会には、80人以上の海外代表を含め、約3000人の青年が参加。
 会場となった体育館は、足の踏み場がないほど込み合い、二階席も立ち見の人たちであふれました。

 福山から3人の友人をさそって参加した17歳の女性は、「被爆者の話を聞いて、心から、二度と人間に、あの悲劇を起こしてはいけないと思った」と感想を寄せていました。
 また、福山の15歳の男子高校生は「各国の人が、世界を平和にするために、同じようなことを考え、行動していることがわかって、よかった」と話していました。

各国からの青年で埋め尽くされた会場=8月4日、広島市内

活動報告にもどる

TOPページにもどる


 
日本共産党福山市議会議員会