日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2005/10/2 福山バイパスと区画整理を考える会が9回目の総会ひらく

 「住宅密集地に公害道路はいらない」のスローガンのもと、国がすすめる国道2号線バイパス、福山道路等の建設計画の白紙撤回を求めて運動してきた、「福山バイパスと区画整理を考える会」は2日、第9回目の総会を、市内の公民館で開きました。
 会員や周辺住民ら約50人が参加し、事業見直しを求めるアピール文の採択や、今後の活動方針の決定、記念講演などが、行われました。
 採択されたアピール文は●事業説明会を誰でも参加できるよう見直すこと ●福山道路等の建設計画の見直し ●大型道路より生活道路の改善を ●11月5日からの全国集会の成功を と4項目にわたります。

 総会後、「幹線道路によるSPM汚染の影響」と題して、東京から招いた講師の講演会が開かれました。
 講演では、大型道路が建設される事による、自動車の増加で、大気汚染の悪化が人体へ与える影響などが説明されました。
 総会には来賓として、辻つねお県議、高木たけし、土屋とものり市議が出席しました。

国府田諭氏が「幹線道路によるSPM汚染の影響」の講演を行いました=10月2日、市内公民館

活動報告にもどる

TOPページ

日本共産党福山市議会議員会