日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2005/10/7 降下ばいじんアンケート 続々返信で実態が明らかに

 「福山の空気は悪い」「雨が降ると、車に黒いしずくの跡がつく」「床がざらつく」など、大気汚染に関する市民の不安の声を多く耳にする中、日本共産党福山市議団は、実態を少しでも明らかにし、問題解決の糸口とするために、7・8月に「大気汚染降下ばいじんアンケート」を実施してきました。
 毎日のように回答が返送され、201通(9月15日現在)の声が寄せられています。
 これを受け6月議会に続き9月議会で、この問題を取り上げました。

アンケートには切実な声がびっしり

 返送されたアンケートの設問項目1では、「降下ばいじんで気になること」について、いくつでも丸をつけてもらうよう回答を求めました。その結果は、
”屋が掃除で大変 129人
⊆屬よごれる    91人
洗濯物が汚れる   86人
し鮃が心配    152人
とのことでした。
 回答者の75・6%が健康不安を訴えています。
その他の記述では
●窓やカーテンがすぐ黒く汚れる
●新築の家の壁が4カ月でくすんできた
●雑巾のすすぎ水の底に、黒い粉が溜まる
●雨戸に、黒い粉がたくさんたまる
●窓が開けられない
●のどや目が痛い
●ばいじんが心配で洗濯物が干せない
と、深刻な被害の実態が書き込まれていました。 
 この結果を踏まえ、9月議会では、●大気汚染の市独自のアンケート調査の実施 ●市内東部、南部に降下ばいじんの測定機器の設置 を求めました。

降下ばいじん測定器の例。6万6千円あれば購入できます

答弁:「市民アンケートは考えていない」
―市民の願いに後ろ向き―


 市長は「降下ばいじんは、煙突からのばい煙や、自動車の排気ガス、道路等からの巻き上げ、自然界からによるものなど複合的な要因」「大手製鉄所から黒煙が発生した場合は、速やかに対応している」との答弁でした。
 また、ばいじん被害のアンケート調査の実施は、「考えていない」と、市民の願いに背を向けたものでした。
 降下ばいじんの測定は、上図のような、簡易な測定法があり、装置も安価です。その上、測定機器は、市独自でどこにでもいくつでも、設置する事が出来ます。
市の環境保全への態度が問われています。
 アンケートによせられた「きれいな空気を」との願いに応えるため、引き続きがんばります。


煙突からもうもうと煙をあげる市内の大手製鉄所=リーデンローズ陸橋より撮影

活動報告にもどる

TOPページにもどる




日本共産党福山市議会議員会