日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2005/10/7 ―福山テレコムー 包括外部監査報告で2度も指摘

 日本共産党福山市議団が追求

 福山市の業務や公共事業を監査する「福山市包括外部監査報告書」は、福山市が業務遂行能力のない『株 ふくやまテレコム』に、水道料金の計算や電算業務を委託していたことを指摘しています。これをうけ、9月28日の企業会計決算特別委員会で、高木たけし、土屋とものり両議員が問題を追及しました。

 第3セクターふくやまテレコム―社員一人、社屋なし

 ふくやまテレコムは87年、当時の郵政省から、福山市が、テレトピア構想*1の指定地域に選定されたため、民間企業・商工会・福山市が出資・設立した第3セクターです。
 設立当初は、地域情報推進事業に取り組んでいましたが、インターネットの普及などに伴い、先細りとなりました。
 そのため、94年には8人だった社員を、非常勤社員一人だけを残し、事業を休止。現在までこの状態が続いています。
 住所は商工会議所内で、社屋はありません。
 
 実際の業務は他の業者が…

 委員会質疑で明らかになりましたが、福山テレコムには非常勤の契約社員が一人しかおらず、契約額数千万円以上にも上る電算処理を行う能力はありません。
 実際の業務は、福山テレコムが、「株 ビーシーシー」という情報システム会社に委託し、処理していました。
 これは、市が業務を委託した会社が、別会社への委託を禁止する条項に、触れる可能性があります。「福山市契約規則(再委託の禁止)」
 監査報告でも、この契約は、富山地方裁判所の「合理性が著しく欠如している」との判決事例を引き合いに出し、「問題がある」と指摘しています。
 しかもこの契約は、2000年の包括外部監査報告でも指摘され、改善するよう促されていましたが、市はこれまで放置していました。

 ふくやまテレコムへの業務委託は水道局だけではない

 日本共産党が決算特別委員会で要求し、提出させた資料によると、水道局だけではなく、市民病院、加茂診療所の電算処理や会計業務なども、ふくやまテレコムが業務を行っている事が明らかになりました。

 徹底的な真相究明を

 ふくやまテレコムへ委託しなければならない明確な根拠は、決算特別委員会では全く答弁されませんでした。実体のない会社に業務を委託する事は、情報漏洩など、事故の危険性を強めます。
その上、福山市契約規則の、再委託を禁止する条項に触れるという懸念を、払拭できるだけの答弁も、委員会ではありませんでした。
福山市は、市民の大切な税金を使う以上、実態を明らかにし、説明責任を果たす必要があります。
 日本共産党は、ふくやまテレコムへ支払われた委託料の流れと、契約を結ぶにいたった経緯、福山市が出資する第3セクターである、ふくやまテレコムの経営状況や、責任の所在など、徹底した真相究明を求めていきます。
 
 *1テレトピア構想とは…ケーブルテレビ、データ通信等の情報通信メディアを活用して地域の情報化を推進し、地域社会の振興を図る事業。当時は、キャプテン事業(NTT文字図形サービス)を展開していましたが、普及しませんでした。


表1 ふくやまテレコムへの委託料の推移(決算委員会提出資料)過去2年分(単位:千円)
 福山テレコムへ、年間6000万円以上の業務が随意契約で、締結されています。「随意契約理由」の欄には、「委託業者として適当」と記されていましたが、会社に業務遂行能力は全くありません。

活動報告にもどる

TOPページにもどる




 
 
 

日本共産党福山市議会議員会