日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2005/12/22 生活道路の安全を! 1900人分の署名提出

 12月8日、新涯一丁目町内の住民ら3人が、市役所を訪れ、町内への信号と横断歩道の設置など、生活道路の安全対策を求める要望書を、1900名あまりの署名とともに、福山市道路維持課に提出しました。

1900人分の署名を提出する地域住民と土屋とものり市議(左から3人目)=8日、市役所

 この地域は保育園・幼稚園や通学路がありますが、交通量が多く、交通事故や違反が絶えません。
 交通違反者へのパトカーの激しい追跡も頻繁におこり、地域住民の安全が脅かされています。
署名を提出した地域住民は「新涯1丁目は交差点での事故が多く、警察の取り締まりも多い。歩行者が安全に通れるように改善してほしい」と訴えました。
 対応した担当課長は「歩行者の安全確保のため、外側線や歩道など検討したい。信号の設置は警察から連絡を受けている」と答弁しました。
 これまで、辻つねお県議と土屋とものり市議が、現地調査や当局とのレクチャーなどを行ってきました。

さっそく保育園前に横断歩道が設置されました=12月20日、新涯一丁目

活動報告にもどる

TOPページにもどる

日本共産党福山市議会議員会