日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2005/12/27  新年度予算要求書を提出-日本共産党福山市議団

 12月27日、日本共産党福山市議団と日本共産党東部地区委員会は、2006年度予算における、新年度予算要求書を市長に提出しました。
予算要求書は、予算編成時期に毎年市長あてに要望しているもので、社会保障、建設・土木、教育、総務など八分野651項目の要求を掲げています。
 申し入れには、羽田皓市長が対応しました。
 村井市議から「児童館の建設と、乳幼児医療費の完全無料化の実現を」と要望し、市長は「施策の重点化で対応する」とのことでした。
 また、川崎まこと市議からは「同和行政の完全集結と、子どもの安全対策のため、中学校への緊急通報装置の設置をぜひ、実現を」との要望が出されました。
これに対して、「子どもの安全の問題は、課題を解決できるようにするため、新年度は予算を組む」との回答がありました。
 高木たけし市議は「生活道路の安全対策の予算の継続を」と、要望があり、「道路の安全対策は、国交省と耐震補修などで連携しているがその中でやっていく」との答えでした。
 土屋とものり市議は「橋脚の耐震補修工事と同時に、歩行者の安全確保のため、歩道の設置を。また、小学校の施設整備費の増額を」と求めました。

予算要求書を手渡す福山市議団(左から羽田市長、村井、川崎、高木、土屋市議)=12月27日、福山市役所

予算要求書の全文はこちらです
こちらをクリック

活動報告にもどる

TOPページにもどる






日本共産党福山市議会議員会