日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

―福山駅と地域をむすぶ概略かたまる―

2月3日、公共交通特別委員会が開かれました。
 バス交通について議論され、市内を東西南北の4箇所に分けて乗り継ぎポイントを作り、市中心部へバスを乗り継ぐ『ゾーンバスシステム』の4つの中継地点が決まりました。
 南部は沼隈支所、北部は中国中央病院、東部は伊勢が丘付近、西部は松永駅を乗り継ぎポイントとします。
 また、3月末に中国バスが撤退を予定している北部地域の路線は、市が貸し切りバス会社に委託し、住民の移動に支障が出ないように対応することになりました。

ゾーンバスシステム―利便性向上につながる
 これまでのバスの路線は、大半が福山駅を経由して放射状に伸びた路線になっていました。
 そのため福山駅以外に向かう場合も、一旦福山駅を経由し、目的地に行く必要がありました。
 今回の「ゾーンバスシステム」は、中心部からの「幹線」と、周辺部へ向かう「支線」を明確に分け、これを接続する「乗り継ぎポイント」を設け、そこで、バスを乗り継ぎます。そのため、東・西・南・北のゾーン内のバスでの移動が簡単になり、移動範囲が広がります。
 その一方、このシステムは、乗り継ぎポイントでバスを乗り換えるため、乗り換えに時間がかかります。 
乗り換え時間の短縮は、今後の課題です。



活動報告にもどる

TOPページにもどる




日本共産党福山市議会議員会