日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

みなさんと力あわせ明るいまちへ一歩前進

日本共産党の土屋とものり市議は、辻つねお県議と連携し、松浜町など市内歓楽街の住環境対策を求めてきました。
地域住民のみなさんの粘り強い運動を受け、これまでに、住環境整備など一定の改善が見られます。
〈これまで実施された対策〉
○ 水銀灯23基。周辺部の防犯灯5基設置
○ 警察・消防と合同で8回の立入調査を開催
○ ごみ処理の適正な処理の指導
○ 違法営業などの情報収集と、警察との連携
○ 住民パトロール・センサーライトの支給・防犯パレードの開催など

「今後も必要な措置を講じる」―市長答弁答弁〉
 日本共産党福山市議団は、06年3月議会で、歓楽街対策について、羽田市長に問い質しました。

質問と答弁
〈質問〉「松浜町・入船町・住吉町など中心部の歓楽街では、住宅街の中に違法な性風俗店や客引きが横行し、これまで、住民・行政・関係機関が一体となり、対策に取り組んできた。
これまで市が行なった施策と、成果は?」
〈答弁〉警察署の指導の下に、地域でパトロールや生活環境にかかわる情報収集を行った。
課題は、関係機関や地域住民と連携をとりながら対応した。このほか行政機関の合同立入調査による指導や、街路灯の整備をおこない、生活環境の改善に一定の成果があったと考えている。
〈質問〉06年度から、生活安全モデル地域の期限が切れるが、この地域の環境対策を、継続して進める特別な手だてが必要だ。行政としてどのような対策をとるのか?
生活安全モデル地域の指定期間が切れることで、根付いてきた歓楽街対策を失速させる事が懸念される。モデル地域指定期間の延長を求める。
〈答弁〉モデル地域の指定は、05年度末を持って終了するが、課題の解決は、協働の取り組みの中で、引き続き南学区として独自に、子どもの見守り活動や、防犯活動を実施されるとうかがっている。こうした中で地域指定の目的は一応達成したものと考え、期間の延長は考えていないが、本市としても、この地域は息の長い取り組みが必要であると考えている。
地域住民や関係機関と連携をとりながら、今後も必要な措置を講じる。

【早急な住環境対策が必要】土屋知紀市議
地域住民は、一刻も早く平穏な生活を取り戻してほしい、ということを臨んでいます。新聞にはほぼ毎月、町内の違法行為に対して、逮捕者が摘発された記事が報道されています。 
県は条例で、客引きや、無料性風俗案内所の規制を強化するなど、本腰を入れた取り組みを行っています。
福山市でも、早急に具体的な取り組みが必要です。

性風俗店などへの違法客引き行為が横行し、住環境改善が求められています

活動報告にもどる

TOPページにもどる














日本共産党福山市議会議員会