日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2006/6/22 福山市介護保険実態調査市内で63件の利用控え

5月31日に開かれた民生福祉委員会で、2005年10月から導入された、介護保険制度の施設利用者への、食費・居住費(ホテルコスト)の導入に伴う実態調査の結果が明らかになりました。
これまで、議会の度ごとに実態を調査するよう求めてきたもので、利用控えなど深刻な実態が明らかになりました。
 調査は、昨年11月28日から、12月9日まで245事業所に、福山市がアンケート形式で行いました。

Q.利用控えがあるかどうかについて

●老人福祉施設…16件(17施設中)
●老人保健施設…16件(11施設中)
●療養型医療施設…4件(31施設中)
●短期入所施設…9件(21施設中)
●短期療養施設…0件(43施設中)
●通所介護施設…17件(85事業所中)
●通所リハビリ施設…1件(37事業所中)
の件数で利用控えがある事が解りました。

利用者の声は「たいへん!」
負担増の実態が明らかに


Q.負担増に対する心配の声

●「施設への支払いが困難」…1件
●「個室から合部屋(多床室)への変更希望」…1件
●「利用回数を減らす」…3件
●「生活費の増額による生活不安」…2件
●「負担が増えてたいへん」…7件

日本共産党は、この結果を受け、高すぎる保険料の軽減や、利用料の負担軽減など、介護保険制度の抜本的な改善を求めていきます。

活動報告にもどる

TOPページにもどる
日本共産党福山市議会議員会