日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

降下ばいじん被害アンケートの結果報告

 「窓を開けると床がざらつく」「雨が降ると、白い車が黒くなる」などの声が日本共産党に多数寄せられています。
 これらは『降下ばいじん』による被害と考えられますが、吸い込むと、ぜんそく・肺ガンなど、呼吸器系疾患の原因となり、人体に悪影響を及ぼします。
 これまで日本共産党福山市議団は、実態を調査するために昨年よりアンケート調査に取り組んできました。
 この実態調査の結果がまとまりましたのでお知らせします。

調査方法:市内全域にチラシでアンケート用紙を配布。アンケートは返信用封筒で返送。アンケート回答総数217通。                               
 Q1.大気汚染・降下ばいじん被害について状況をお聞下さい
 ‖腟け染や降下ばいじんで気になることはありませんか?
(複数回答可)

1.へやが汚れてそうじが大変   134  
2.車が汚れる          95
3.洗濯物が汚れる        88
4.健康が心配          156
5.その他            19 
アンケート結果グラフはこちら                  
 
 Q2.Q1で答えて下さった方に
 ,匹鵑併に大気汚染・ばいじんが気になりますか?
(複数回答可)

1.風が吹いている時       117  
2.掃除をする時         95
3.窓を開けている時       132
4.工場から煙が出ている時    72
5.その他            14
アンケート結果グラフはこちら

 Q3.ばいじん被害の多い時間帯を教えてください

1.午前             27         2.午後             49
3.夕方             25
4.夜間             31
5.明け方            13 
6.一日中            90
その他(日によってまちまち    2  
    よくわからない      1
    季節によって       1
    暗くなって        1)
アンケート結果グラフはこちら

 Q4.アンケート回答の年代は
10代              3
20代              9
30代              37
40代              29
50代              34
60代              51
70代              24
80代              8
アンケート結果グラフはこちら

 Q5.アンケート回答の性別は
男性               56
女性               118
アンケート結果グラフはこちら
                 
*単位は全て(人)です

活動報告にもどる

TOPページ












日本共産党福山市議会議員会