日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2006/9/3 障害者自立支援法―福山市が独自軽減策

 8月24日にひらかれた民生福祉委員会で、福山市は、10月から本格施行する障害者自立支援法の制度に上乗せし、市独自の利用者軽減措置を講じることを明らかにしました。
 障害者団体の3000名を超える市独自の軽減策を求める要望署名が、一部実ったもので、日本共産党も議会の度ごとに、負担軽減策を求めてきました。
 しかし、市の制度は、利用者負担の大きさから見れば、極めて不十分です。
 委員会では、土屋とものり議員が、障害者の立場に立ったさらなる制度拡充を求めました。概要を報告します。

利用料負担上減額の国基準の枠を拡げる

 四月から施行されている障害者自立支援法は、障害者から一割の負担を課すもので、少ない収入で何とか暮らしている、多くの障害者にとって、生活を圧迫する深刻な問題です。
 市の軽減制度は、 ‐祿科〇礇機璽咼考用料に、自立支援医療と、補装具を加え、利用料負担を合算した利用上限額を設定し、利用限度額を最高三万七千五百円とする。
◆‐祿音の通園施設の食費負担を一食あたり420円補助する(所得制限あり)という内容です。

〇六年度の補助は総額850万円
 市独自の制度は、9月議会の補正予算で提案され、十月から実施される予定で、制度軽減の適用になる人は、福祉サービス利用で一月270人、児童通園施設の食費負担軽減は60人と見込まれ、予算総額は、850万円です。

軽減措置は不十分制度拡充を求める
 児童の食費負担の軽減措置など、一定の評価は出来ますが、関係者からは、「障害者への応益負担導入の影響が大きすぎて、負担増がめじろおし。もっと手厚い軽減措置が必要」との声が寄せられています。
 政令指定都市で、100万人を超える人口を抱える仙台市では、利用者負担を軽減する制度に、来年4月までに、市独自で6000万円の予算を組みました。
 倉敷市でも別府市でも同様の措置を講じています。
福山市も他市にならって、さらなる制度拡充が必要です。

活動報告にもどる

TOPページ





日本共産党福山市議会議員会