日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2006/11/24 母親大会実行委員会 市長に要望書の提出

 24日、福山母親大会実行委員会(尾前恵委員長)は、福山市に対し、くらし・福祉施策などの充実を求める要望書を提出しました。
 要望活動には、6ヶ月の赤ちゃんを連れた母親ら30人が参加。
公立保育所で子ども達が飲んでいる脱脂粉乳(スキムミルク)がふるまわれるなど、和やかな雰囲気で、懇談が行われました。
要望では、「保育園の給食をスキムミルクではなく、牛乳にして下さい」「保育料の値下げを」「夜間小児救急センターの増設を」「国保税の値下げを」「多人数放課後児童クラブの改善を」など、切実な要求次々と出されました。
 
 羽田市長は「放課後児童クラブの本来の目的を逸するものは良くない。子どもが安全・安心に過ごせるようなものに直すよう努力する」など回答。
 「生活実態の中から出てくる要望は十分理解している。このような場で議論することは、意義がある」とあいさつしました。
提出された要望は、後日、文書で回答することを約束しました。


母親大会実行委員会にあいさつする羽田皓福山市長=24日、市役所にて

活動報告にもどる

TOPページにもどる



 


日本共産党福山市議会議員会