日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2004/8/15 日本共産党議員団 平和訴え街頭演説

 15日、日本共産党福山市議団と、辻つねお県議は、福山駅前で、59周年目を迎える、終戦記念日にあたり、街頭演説を行いました。
 土屋とものり市議は「今年の終戦記念日は、憲法九条をなくし、日本を戦争する国にしようとする動きの中で迎えた。今こそ、九条まもれの大きな世論と運動をおこそう」と発言。
 続いて、高木たけし市議は「あの暗黒の戦時中、人の命は鳥の羽より軽い、と教え込まれた。この悲劇を繰り返さないために、憲法の原点に立ち返ろう。」と呼びかけました。
 川崎まこと市議は参議院選挙のお礼を述べるとともに、「親戚にも戦争体験者がたくさんいる。どの話を聞いても、辛い体験ばかりだ。もう二度と痛苦の歴史を繰り返さないための大きな運動が必要だ。いま世界では、憲法九条がこれほどまでに輝いている時はない。改憲勢力をおいつめるたたかいを広げよう」と訴えました。
 最後に、辻つねお県議が「暗黒の第二次世界大戦中、命がけで戦争反対を貫いた政党が日本共産党だ。いま全国では4000人を超える地方議員が、がんばっている。日本共産党を大きくし、共に平和を守れの声を広げよう」と訴えました。お盆の帰省でごった返す福山駅前では、手を振る人や、クラクションを鳴らして応援する人などが、見られました。



活動報告にもどる

TOPページにもどる
日本共産党福山市議会議員会