日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2007/2/28 福山テレコム裁判第4回目公判開かれる

 2月27日、「(仮)清潔な福山市政を実現する会」が、福山市の電算処理業務が、違法な契約を行っているとしてとして、市を相手に訴えを起こしている裁判の、4回目の公判が、広島地方裁判所で開かれました。
今回は、裁判官がこれまで行われた過去3回の公判の論点を整理し今後の進め方を打ち合わせるとともに、被告(福山市)、原告(清潔な福山市政を実現する会)両方に、証拠資料などのの提出を要求しました主張しました。
 また、裁判官は被告の福山市に対して、「福山テレコムという会社はいったい何をやっていたのか?ソフトの開発会社ならば、著作権はどういうもので、どこが開発したのか?コンピューターシステムの保守・管理会社ということになっているが、それ以外何をやっているのか?事実関係、実態を明らかにしてほしい」と、説明を求めました。
 これに対し、被告の福山市の出席者と代理人は応えることが出来ませんでした。
 公判には、日本共産党市議団(村井あけみ、高木たけし、土屋とものり、式部まさ子)の他、「清潔な福山市政を実現する会」のメンバー5人も傍聴に駆けつけました。

 次回の公判は、2007年5月22日に開かれる予定です

活動報告にもどる

TOPページにもどる



日本共産党福山市議会議員会