日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2004/8/18 住民が主人公の政治をめざし 心をこめて第一声

 十八日、日本共産党の寺田あきみつ市長予定候補は、福山駅前で、第一声となる、街頭演説を行いました。
 寺田氏は「先日、『年金は先細り、医療費などの税金は毎年値上がりする。介護保険料が高すぎて払えず、将来がどうなるか心配』と書かれた手紙を、女性からもらった」、と紹介。「これまでの福山市政は、リーデンローズや、そごうの跡地の買い取りには数十億の税金をつぎ込み、市民生活には冷たい政治が行われてきた。将来不安をなくして、毎日の生活が安心できる政治を行うのが、市長の役目」と訴えました。
そして、市民こそ主人公の立場に立って、市民の切実な願いを実現するために、々發垢る国保税を引き下げる、特養ホームを急いで、増設する、F穎孫埓をすぐにやめる、ことを訴えました。
また、駅前再開発は、住民が住んで、営業し続けることが出来る計画にあらためる、と訴えました。


活動報告にもどる

TOPページにもどる
日本共産党福山市議会議員会