日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2007/5/22 福山テレコム裁判第5回目公判開かれる

5月22日、福山テレコム裁判の第5回目の公判が広島地裁で開かれ、日本共産党福山市議団の高木たけし、土屋とものり、式部まさ子市議と、「清潔な福山市政を実現する会
」のメンバー1人が傍聴しました。
 公判で裁判官が「福山市側被告が、具体的な事務や決裁権者について、証拠資料を提出してきた」と、紹介しました。
そして、原告である「清潔な福山市政を実現する会」に対し、「原告は随意契約を締結することができないのに、契約をしていることがおかしいと主張しているが、現市長が不法行為を行っていると、主張しているのであれば、不法行為要件を各契約ごとにまとめて証拠として提出してほしい」と、証拠書面の提出を求めました。

 福山市の第3セクターである、「ふくやまテレコム」は、電算処理を遂行できるだけの能力のない、全くのペーパーカンパニーです。
 実態のない会社に、福山市は、長年に渡り随意契約で多額の税金を投入してきました。「会」のメンバーは、このことについて、、市長の責任を追求してきましたが、福山市側は、「契約の当事者は、市長ではなく、各担当課の課長なので、市長には責任がない」旨の主張を展開しています。

 今後、「清潔な福山市政を実現する会」は、この契約がなぜ違法なのか、具体的な証拠で主張していきます。
次回の公判は、7月17日、午後1時30分からの予定です。

活動報告にもどる

TOPページにもどる




日本共産党福山市議会議員会