日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2007/6/28 「人間らしく働ける社会を」「暮らしていける賃金を」

 参議院選挙の前進に向けて、沖縄を除く日本列島を東西二つのコースに分けて実施していた「全国縦断 日本共産党 青年学生キャンペーン」が、26日夜、福山で終結し、福山駅前北口でしめくくり演説が行われました。
 31歳の石村とも子参議院比例代表予定候補とともに7人の青年が演説に立ち、日本共産党への支持を訴えました。福山と広島15人の青年が参加し、土屋とものり市議が司会を行いました。
 このキャンペーンは6月6日からスタートし、創意工夫を凝らした目を引く装飾の「若者ホンネいっちゃおCAR」が全県を走行して、若者たちが自らの切実な思いを語った演説が注目と、共感を集めています。
 石村候補は、この日に参議院予定候補の2次分として発表されたばかり。「若者を使い捨て」にする働かせ方をやめさせ、正社員になれる道を保障することや、最低賃金を時給千円に引き上げさせる政策を示し、参議院選挙で、日本共産党の躍進を訴えました。
 この日は、7人の青年が発言。
二児の母親で福祉職場で働く女性は、子どもを抱えてマイクを握り、「介護の現場は、低賃金、劣悪な環境のうえ、介護保険法が悪くなり利用者も大変。政治を変えなければ」と訴えました。

子供を抱きながら訴える女性=26日、福山駅北口
 就職活動中の26歳の元男性保育士は、「職場を1ヶ月で不当解雇され、現在団体交渉中。若者が人間らしく働ける社会を作るためがんばる」と力を込めました。
 無認可保育園で働く女性保育士は「低賃金、過密労働でいい保育がしたいという思いが実現できない。子どもと働く者を大切にする社会を一緒に作ろう」と呼びかけました。
 この日は、30人超の聴衆の姿が見られました。

参加者全員で記念撮影

活動報告にもどる

TOPページにもどる







日本共産党福山市議会議員会