日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2007/8/14 またもや水路転落死亡事故

 13日、午前8時50分頃、沖野上町の用水路中で65歳の女性が死亡しているのが、近所の住民により発見されました。東署の調べでは、発見場所から上流へ約1kmの野上町の市道脇水路の中に、この女性の自転車が転落しており、女性は野上町の市道から水路に転落し1km下流まで流されたとみられます。この市道そばには、町内の住民が良く利用するスーパーがあり、交通量の多い場所ですが、ガードパイプなど防護柵は設置されていません。福山市では、00年以降だけでも、28件もの水路や池、側溝への転落死亡事故が発生しており、本腰を入れた対策が求められます。

野上町3丁目の水路転落現場を調査する共産党市議団。水路にガードレールはありません。

対策の遅れる水路転落事故
 女性が転落した水路は、幅3メートル、深さ1.2メートルで、水深は約30センチでした。市内では、水路に転落する事故が相次いでいたため、これまでに3年間で6億円の予算措置を講じ、さらに今年度は、1億4千万円余の予算を組み、水路転落防止策を続けていました。
新聞報道によると、市は、今回の事故現場では、防護柵を設置すると、車両の通行に支障がでるとの理由から、ガードパイプ等防護柵は設置していませんでした。
そのため、今年6月に、地域住民がガードパイプなどの防護柵の設置を要望していた矢先の事故でした。市の、対策への姿勢が問われます。
女性の発見現場の近所に住む70歳代の女性は「去年も犬の散歩中に事故現場のそばで水路に落ちた人が、川に流された。野上町の事故現場は以前から危ないと、みんな言っていた」と話していました。 また、60歳代の男性は「ガードパイプは必要。カーブなどで車が曲がりにくいなら、ネコ足にするなど工夫はいくらでも出来るはず」と話していました。

女性が発見された沖野上町の水路。

5月に緊急申し入を行ったばかり
 日本共産党福山市議団(村井あけみ、川崎誠、高木たけし、土屋とものり、式部まさ子市議)は、5月に新市町で起きた小学生の水路転落事故について、水路の安全対策を求める、緊急申し入れを行ったばかりでした。
 申し入れでは、●地域住民から、危険箇所の情報を集めて官民共通の認識にし、解消のための対策を緊急に行うこと。●合併地域や周辺部では、危険対策が遅れていることからも、予算を抜本的に増やし、解消を図ること。など要望していました。
 福山市のように、毎年、水路転落死亡事故が起こる自治体は、全国でも例がありません。歩行者の立場に立った町づくりが強く求められます。

活動報告にもどる

TOPページにもどる










日本共産党福山市議会議員会