日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2004/9/5 福山市長選挙の結果について

 今回の福山市長選挙で、日本共産党に大きなご支援をお寄せいただきましたことを、心から感謝申し上げます。
8月29日告示、9月5日投票の福山市長選挙に、日本共産党は、寺田あきみつ東部地区委員長を擁立し、市民こそ主人公の姿勢実現に全力を尽くしました。
 今回の市長選挙は、市民不在、市民犠牲のオール与党・自民党姿勢を転換し、くらし・福祉・環境をまもり、市民に開かれた清潔・公正な福山姿勢をつくるたたかいでした。
 日本共産党は、市民を苦しめている自民党市政と、それを支えるオール与党体制の実態と告発、真の対決点を明らかにし、市政転換の世論と運動を広げ、全力をつくしました。
 市政報告、福山民報、法定1号チラシを、合計19万枚を配布。
寺田あきみつ候補を先頭に316回の街頭演説を繰り広げ、幅広い市民に政策を訴え、共感を広げました。
 力をつくしましたが、13日の候補者発表以来、3週間という短期間の戦いで、寺田あきみつ候補の政策を十分に浸透させることができず、残念ながら当選には至りませんでした。
 得票数は、8020票で、前回を770票上回ったものの、得票数は、前回6.8%から、5.2%となりました。
 羽田あきら伸市長が誕生しましたが、羽田氏は前市政の継承を掲げ、政策論選を回避しました。
 今回の最終投票率は、48.19%で、前回最終の33.45%を14.74%上回っています。
 これは、市民の市政をかえて欲しいという願いが強く表れたものです。
 今回の市長選挙で、わが党と寺田候補に寄せられたご支援に心から感謝するとともに、公約実現に全力をつくす決意です。
 皆さんのご支援に、重ねて感謝申し上げます。ありがとうございました。
 二〇〇四年九月五日 日本共産党東部地区委員会


さっそく街頭から、支援のお礼の演説をする寺田あきみつ氏


活動報告にもどる

TOPページにもどる
日本共産党福山市議会議員会