日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2004/9/26 福山市民オンブズマン会議が国保学習会

 9月26日、「福山市民オンブズマン会議」が、国民健康保険税・資格証明書の学習会をひらき、市内全域から60名が参加。
日本保険医協会や福山医師会、福山民主商工会、介護施設など、幅広い分野からの参加がありました。
 福山市議会からは、日本共産党福山市議団の村井あけみ、土屋とものり両市議、緑風会から桑田まゆみ、太田ゆうすけ両市議が参加しました。
 福山市民オンブズマン会議の渡辺靖之氏、数野博氏の報告の後、参加者から発言が続出。活発な意見交流の場となりました。


資格証明書・短期被保険者証交付の現状と問題点

 提案者の渡辺氏は、国民健康保険事業の推移を示し、2001年10月1日から、資格証明書の発行を、国が義務化したこと、福山市の資格証明書発行が、この年から急増していることを明らかにしました。また、2003年8月31日時点での、資格証明書を発行された人の病院への受診状況は、極めて低いことを、具体的に数値を示しながら説明しました。
 そして、資格証明書や短期保険証の発行状況は、自治体によって大きな格差があることを示しました。
 参加者からは、「資格証明書発行という、保険証の取り上げ画されているということは知らなかった」という驚きの声も上げられていました。
 村井あけみ市議は、「資格証明書発行が義務化されたときに、国会では、悪質滞納者に限るとの付帯事項がつけられた。福山市は、収納率向上政策として、一年以上の滞納者に、機械的に資格証を発行している。この行政姿勢が問題だ」と指摘しました。
 
「安心感」のもてる、スウェーデンの福祉・理念
「命のさたも金次第」のアメリカの医療実態

 数野博氏は、スウェーデンでは、全ての国民に無料で医療が保障されており、国民が安心感を持っていることを紹介しました。
 アメリカの医療をめぐる状況は、貧困層に対する医療の保障はあるが、国民の75%は無保険で、お金があれば高度な医療も受けられる「命のさたも金次第」の国です。
 日本は、皆保険制度の下で、国民一人当たりの医療費は先進20カ国で一番低く抑えることが出来ているのに、アメリカ形医療の方向へ向かっているのはいかがなものか。本来、医療などの社会保障、環境、教育は国が責任を持って保障すべきもの。
国民健康保険事業は、社会保障であり、資格証明書の発行で医療が受けられないのは問題だ、と指摘しました。
 会場からは「高い国保税を下げるにはどうしたらよいか」と質問が出され、土屋とものり市議は「六月議会に、市民から国保税引き下げの請願が提出され、日本共産党は、引き下げの議案提案を行った。日本共産党以外の議員さんは全員反対し、否決された。ほかの議員さんも賛成してもらえるよう働きかけ、力をあわせて国保税引き下げを実現しましょう」と提案しました。


活動報告にもどる

TOPページにもどる
日本共産党福山市議会議員会