日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2008/09/24 第12回福山バイパスと区画整理を考える会総会開かれる

 「福山バイパスと区画整理を考える会」は21日、第12回総会を開きました。この日は、突然の豪雨にもかかわらず、多くの人が参加しました。

住んでみてわかる幹線道路公害のすさまじさ
 総会では、兵庫県西宮市で、国道43号線の道路公害裁判の原告として34年間裁判闘争を続けてきた藤井隆幸氏の記念講演が行われました。
 藤井氏は、「住んでみてわかる幹線道路公害のすさまじさ」と題して、国道43号線による沿線住民の被害の状況を、スライドなどを使って詳しく説明しました。


兵庫県西宮市の国道43号線では排ガスや騒音で健康被害が

 国道43号線は、大阪と神戸を結ぶ国道で、国道2号線のバイパスの役目をする路線として利用されています。国道は、片道4車線で、真上には阪神高速道路神戸線が走っており、膨大な交通量のために、排ガスや騒音公害が問題となり、公害裁判が起こされました(西淀川公害裁判)。この裁判は、自動車排気ガスの健康被害が初めて認められたものです。

 藤井氏は、「平日夜間、大型トラックやトレーラーの振動と騒音で、沿線住民は不眠症になり、自殺した人もいる」「住宅の風呂場はタイルがすべて割れ、雨漏りは絶えない」など、大型道路により発生する騒音や振動の被害を生々しく報告。


トイレのタイルが振動で割れています(写真下側中央)

 「道路公害がひどいため、資力のある若い人が次々と町から離れていき、街はスラム化した。行政も町づくりの政策を打ち出せない」と、幹線道路がコミュニティーを分断するだけでなく、「街を完全に破壊する」と警鐘を鳴らしました。

住民合意のない大型道路計画は白紙撤回を
  総会は、住民無視の事業強行の即刻中止と、国、県、市は、住民・地権者への説明責任を果たすこと、合意の得られない事業は白紙撤回することを求め、運動を広げることを確認しました。


活動報告にもどる

TOPページにもどる


日本共産党福山市議会議員会