日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2004/9/17 歩行者優先の道路を求め歩道設置の署名提出

 九月十七日、新涯町の、新涯大橋の歩道の設置を求める署名の第一次分、百八十一人分を福山市長あてに提出しました。
 町内の住民がかねてから要望していたもので、土屋とものり市議と、高木たけし市議が同席しました。 
 新涯大橋は、新涯四丁目と二丁目をつなぐ福山市が管理する橋で、箕島工業団地への大型車や、通勤者などの交通量の多い橋です。登下校時間帯には、多くの子どもが自転車や徒歩で渡ります。
 ところがこの橋には、歩道が途中までしかなく、自転車で橋を渡ろうとすると、車道を通るしか方法がありません。
 トラックに幅寄せされて転ぶなど、事故の危険性があるため、周辺住民から土屋市議に相談が寄せられていました。
相談の結果、署名を集めて行政に要望しようと話し合い、町内会や、友人・知人を通じて署名を集め、今回の歩道の設置を求める申し入れに至りました。
 要請行動では土木担当部長が応対し、「現状はとても危険。どういう方法で解決するか、検討する」と答えました。

↑ 自転車は歩道がないので車道を走るため危険です

活動報告にもどる

TOPページにもどる
日本共産党福山市議会議員会