日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2008/10/20 平成19年度企業会計決算認定にたいする日本共産党の討論を紹介します。(2)水道事業会計について

 本会計は、市民に安全でおいしい水を安定的に供給する大切なものです。

 当年度も、給水区域内人口に対する給水人口は前年度比0.5ポイント上昇し、普及率が向上しています。
 また、市民ニーズが向上する中、市民、事業所にアンケート調査が実施され、水質検査体制の充実と検査技術の向上が図られ、水道GLP(水道水質検査優良試験所規範)の認定を取得していることを評価します。

 企業債の低利繰上げ償還を当年度は、利率6%以上の企業債の繰り上げ償還が行われ、平成20年度以降の支払利息は7億1,241万8千円の節減が行われます。今後、利率五%、4%台の企業債についても、低利のものへの借り換えや繰り上げ償還を進められるよう、政府に積極的に働きかけること求めます。

 第6次配水管整備事業が策定され、耐震管による経年管の取り換え、配水管網の整備など、市内約2,700劼計画されています。当年度は、配水管整備事業約35辧改良工事約10辧合計約45劼稜杰經鰭濱澆行われていますが、建設改良費の執行率は2年連続して、予算額の50%台に留まり、繰越額は約10億円に上っています。配水管の敷設は、計画年度内に予算執行ができるよう、積極的展開を求めます。

 電算業務は、随意契約が続行されていますが、一般競争入札に付し、競争性・公平性・透明性を確保することを求めます。

 以上の要望意見を付して、決算認定に賛成します。


活動報告にもどる

TOPページにもどる
日本共産党福山市議会議員会