日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2008/10/29 地権者の大多数が反対の神辺「川南地区まちづくり事業」計画は白紙撤回を

 高木たけし議員は20日の都市整備特別委員会で、神辺「川南地区まちづくり事業」計画について質問しました。



 福山市の計画に対し、関係地権者の大多数が反対しています。市は「来年度の都市計画決定を目標に、関係機関と協議し、手続きを進めていく」と強硬な姿勢を示しており、事態は緊迫しています。

 高木議員は、「区画整理地域の地権者一人一人に、減歩率や清算金(土地を出さない場合の負担金)について、いくらになるか周知しているか」と質問しました。市は、「していない」と答弁。
 地権者からは、高い減歩と清算金の負担に対し「負担が重すぎる」「これでは住み続けられない」などの声が多くあがっています。こうした住民の切実な思いをよそに、計画を強行しようとする市の態度は、憲法に保障された財産権、居住権を侵害するものです。

 「地区計画」地域では、市は道路建設に必要な土地を該当の地権者から無償「提供」させるとしています。高木議員は、「道路に面した土地の地権者だけが、土地をタダで提供するのは不公平だ」との声について市の認識をただしました。市は「聞いている」とのみ答えました。

 高木議員は、住民合意の得られない事業は撤回せよ、と強く求めました。

住民が反対の計画は白紙撤回し、真に住民参加のまちづくりを。本当に必要な道路は市費で土地を買い取り建設すべき

 日本共産党は、「まちづくりは、計画策定の段階から住民参加ですすめ、どこにどのような道路が必要かなど、広く意見を募り、住民が本当に必要とする道路は、市が用地を買収し、市の予算で工事を行うべき」と追及しています。

  
活動報告にもどる

TOPページにもどる
日本共産党福山市議会議員会