日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2008/12/19 「資格証発行しない」−後期高齢者医療制度

福山市は、12月16日、福山市議会予算特別委員会で、後期高齢者医療制度の、保険料を滞納者がペナルティーとして保険証の代わりに交付される資格証明書について、発行しないと表明しました。土屋とものり議員の質問に答えたものです。
 福山市の、10月末時点の、保険料滞納数は、932人。土屋市議は、「貧困世帯が9割を占める高齢者世帯から、保険証を取り上げることは、生存権の侵害だ」とただしました。後期高齢者医療課の藤原課長は「75歳以上は、老人健康保険の時、資格証明書の発行を、適用除外にしてきた」「(後期高齢者医療制度の)権限は広域連合にあるが、高齢者に対する資格証明書の発行は、発行しないことを基本に考えている。」と答えました。

活動報告にもどる

TOPページにもどる



日本共産党福山市議会議員会