日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2009/4/26 障害者自立支援法訴訟原告 秋保喜美子さんが福山で講演。生活・権利ネット主催

 生活・権利ねっと(障害者の生活と権利を守る広島県東部連絡会)が19日、市民参画センターで障害者自立支援法訴訟の原告、秋保喜美子さん(廿日市市在住)を迎えて講演会を開催しました。



 秋保さんは、自立支援法成立から三年目にあたる2008年10月31日、障害を理由に支援サービスの一割を強要する「応益」負担は、生存権や幸福追求権の侵害であり、憲法に違反するとして、全国の仲間といっせいに提訴しました。
 秋保さんは、「私にとって作業所は、働く喜びや生きがいを感じ、将来への夢に胸をふくらませ、生きる希望が持てる場所です。こんな法律を強引に押しつける国のやり方に怒りが湧き起こり、何としても応益負担をなくしたい」と、提訴を決意した思いを語りました。
 参加者は大きくうなずき、おしみない拍手を送りました。

秋保喜美子さんの講演(要旨)はこちらから

活動報告にもどる

TOPページにもどる
日本共産党福山市議会議員会