日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2009/4/30 福山道路 地権者の立会なく打設した確定杭は撤去せよ

 27日の都市整備特別委員会で、高木たけし議員は、瀬戸学区山北地区で、設計協議中にもかかわらず、用地補償のための境界立会・幅杭設置、用地測量、物件調査を次々と強行している問題をとりあげました。
 高木議員は、地権者の立会なしに確定杭が設置されている地番を示し追及。
 問題の土地は、境界確定した土地と里道(市が管理している小さな道)をはさんで向かい合っています。
 里道に隣接している土地の境界確定をする際には、「対向側にある土地所有者の承諾が必要となる」と福山市作成の『境界確定の申請方法について』で明記されています。
 高木議員は、地権者の立会なしの確定杭設置は、「市のマニュアルに反している。間違っているのではないか」と質問。市担当者は「(マニュアルの手順は)法的義務ではない」と回答。高木議員が再度追及したのにたいし、市担当者は「事業者(国)が手続き中なのでコメントは差し控えたい」と答弁。高木議員は、「手続き中ということは、境界は確定していないということか。そうであれば、共有地の確定杭はただちに抜くべきだ」と迫りました。


活動報告にもどる

TOPページにもどる
日本共産党福山市議会議員会