日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2009/5/3 憲法記念日 守り生かしぬく決意新たに


 憲法記念日の3日、日本共産党市議団と辻つねお県議が福山駅前で街頭宣伝をしました。


 1947年の施行から62回目の憲法記念日を迎えました。
 イラクやアフガニスタンでの戦争の行き詰まりで、戦争ではなく平和の国際秩序を求める国際的潮流はますます強まっています。一方、世界的な金融・経済危機の中で、大企業の横暴を抑え国民の利益に立つ経済社会を求める声も広がっています。平和と暮らしのために、主権在民、戦争の放棄、基本的人権の保障などを定めた現行憲法を守り生かしていくことが、いよいよ重要になっています。
改憲も「壊憲」も許さず
 「9条の会」をはじめとした国民的な運動の広がりのもと、「9条を守ろう」の世論が広がっています。
 一方、憲法記念日を前にして、自民党が改憲手続き法にもとづく衆院憲法審査会の規程案を持ち出し、強行しようとしています。
 自民・公明政権は、イラクやアフガンの戦争を支援するための自衛隊派遣、「海賊」対策に名を借りたアフリカ・ソマリア沖への自衛隊派遣などを強行しました。これらは、明確な憲法違反です。
 日本共産党は、改憲勢力の策動を許さず、9条を守るたたかいをみなさんとごいっしょにさらに大きく広げていくために力をつくします。
憲法をくらしに生かそう
 深刻な金融・経済危機の中で、国民の基本的人権を保障した11条や、14条が定める法の下の平等、25条の生存権、27条の勤労権、28条の労働者の団結権などの決まりを守り生かしていくこともますます重要です。
 経済危機を理由に労働者が「派遣切り」「非正規切り」などによって仕事や住まいをも奪われ、生活に困っている人が生活保護の申請さえ受け付けられないなどというのは、憲法に照らし絶対に許されることではありません。
 日本共産党は、基本的人権の尊重をうたう憲法の諸条項を真に実現する社会へと、みなさんと力を合わせます。

国民の「不断」の努力で
 憲法が施行されていらい60年以上日本が戦争に巻き込まれたことがなく、いまも憲法を生かして平和と国民の暮らしを守っていけるのは、国民のたたかいがあったからです。
 憲法12条は、憲法が定める自由や権利は、「国民の不断の努力によって」、保持されると明記しています。憲法を守り生かすため、国民的な運動を広げましょう。日本共産党はそのためにみなさんと力を合わせ、全力でがんばります。


活動報告にもどる

TOPページにもどる
日本共産党福山市議会議員会