日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2009/5/23 「神辺川南まちづくり計画」―日本共産党市議団が住民アンケートを実施

 福山市は、「神辺川南まちづくり計画」を、地権者・住民の意見を十分に聞かないまま、急いでやってしまおうとしています。日本共産党市議団は地域住民へのアンケート調査を実施しました。回答の一部を紹介します。

アンケートの声より
●貴党のチラシを見て驚いています。いつ計画が変更されたのか。住民に詳しく知らせず計画を変更し、どんどん道路計画のみ進めるのか。
●説明不充分。白紙にもどすべき。
●情報公開が不足。事業先にありきでは話は進まない。
●必要以上に広い道はいりません。普通の生活道路と下水道を整備していただければ、住みよい環境になると思う。
●一部地権者の負担が大きすぎる。経済状況の悪いこの時期に急いでやる必要はない。絶対反対。
(土地区画整理地域の声)
●一部の地権者(二百三十戸)にだけ重い負担は不公平。
●減歩率が高い。
●なぜ市は土地を買い上げしないのか?タダで人の土地を取り上げるのか?
●土地は減歩で三割少なくなる。我々が三十年以上かけて買い入れた土地を、ただで取り上げるのですか。福山市の市民憲章は人権を尊重するとあるが、それはうそですか。
●清算金について市役所は答えない。高い清算金は払えない。
●住民の意見も聞かず「商業地」だなんて言われても納得いかない。他人の土地を勝手に決められては困ります。

日本共産党市議団
狃嗣厩膂佞里覆ぁ嵜席媽酘遒泙舛鼎り計画」は白紙撤回を

 「神辺川南まちづくり計画」は、旧神辺町時代に住民の多数が反対し事実上とん挫していました。福山市との合併を契機に「旧神辺町の強い要望」ということで、計画を大幅に変更し、強行しようとしています。
 日本共産党市議団は、「住民を三つの区域で分断し、一部の地権者に減歩や土地の無償提供を強要する当計画を白紙撤回すること。必要な道路や公園などは、住民合意のうえ、市が土地を買い上げて行うべき」と主張しています。党市議団は、日本共産党神辺支部とともに、地域住民に計画の内容を知らせ、アンケートなどで意見や要望を聞く活動にとりくんでいます。

「神辺川南まちづくり計画」市政報告(表)はこちらから

「神辺川南まちづくり計画」市政報告(裏)はこちらから




活動報告にもどる

TOPページにもどる
日本共産党福山市議会議員会