日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2009/6/17 犢駟歙蚤臧引き上げ撤回、後期高齢者医療制度廃止を疂〇骸匆駟歉秧篆紛┻腸颪請願署名4108筆を福山市議会に提出

 福山社会保障協議会(林隆義会長)が12日、国保税引き上げ計画撤回、後期高齢者医療制度廃止を求める請願書を4108人分の署名とともに、蔵本久福山市議会議長に提出しました。紹介議員となった日本共産党市議が同席。



一人あたり年間7788円の引き上げ案
 福山市は、2009年度の国保税について、基礎課税額4844円、介護支援分1119円、後期高齢者支援分1825円をそれぞれ引き上げ、合計で一人当たり年間7788円もの大幅引き上げをしようとしています。

狠羮業者「売上昨年の十分の一に激減」など経営悪化
犹垉腸颪住民のいのちを守る役割をはたして

 請願書を受け取った蔵本久議長は「市議会で慎重に審議いたします」と述べたあと、参加者の声に耳をかたむけました。山上敬二福山民商事務局長は、「売り上げが昨年の十分の一になった、など中小業者は深刻な状態です。大不況のもと、国保税の引き上げはしないでください」と訴えました。
 松山智福山医療生協専務理事は「昨年の医療制度改悪により、国保への負担がさらに重くなりましたが、国の改悪に抗して、市議会が住民のいのちを守る役割をはたし、国に声をあげてください」と述べました。

 福山社保協では、「市議会総務委員会での審議の前までに、署名をさら上積みしたい」として、24日まで署名運動に取り組むことにしています。
 請願について、16日の市議会本会議で土屋とものり議員が紹介議員を代表して趣旨説明を行いました。


活動報告にもどる

TOPページにもどる
日本共産党福山市議会議員会