日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2010/5/12 危険な水路・ため池など危険個所の早期解消を

 新聞報道によると、5月9日(日)の昼間、市道神村113号線を車で走行していた母娘2名が、羽根尾池に転落し、死亡するという痛ましい事故がありました。
日本共産党市議団は、翌日10日に、現地視察を行いました。
 現地ため池の周囲には、大方の区域にガードレールが設置されていましたが、事故が起きた地点を含め、数十メートルにはガードレールが設置されておりませんでした。
ガードレールが設置されておれば、車が池に転落することは免れたのではないかと思われ、残念な限りです。
当該の市道は、十分な幅員が確保されておらず、車の離合や歩行者とのすれ違いにも、転落の危険性が強く懸念されます。
党市議団は同日、市長に対して緊急に要望書を提出しました。


緊急対策を求める要望書を提出する市議団=10日、福山市役所にて
 

転落死亡事故現場を調査する市議団=10日、市内神村町にて

要望書の内容は以下の通りです。



  ため池への転落防止対策を求める緊急要望書

 新聞報道によると、5月9日(日)の昼間、市道神村113号線を車で走行していた母娘2名が、羽根尾池に転落し、死亡するという痛ましい事故がありました。
 本日10日、日本共産党市議団は、現地視察を行いました。
ため池の周囲には、大方の区域にガードレールが設置されていましたが、事故が起きた地点を含め、数十メートルにはガードレールが設置されておりませんでした。
ガードレールが設置されておれば、車が池に転落することは免れたのではないかと思われ、残念な限りです。当該の市道は、十分な幅員が確保されておらず、車の離合や歩行者とのすれ違いにも、転落の危険性が強く懸念されます。よって、次の点を緊急に要望するものです。

1、転落死亡事故が起きた現場に、直ちにガードレールを設置すること。

1、市内のため池には、転落防止柵が設置されていないところが多々見受けられる。緊急にため池の調査を行い、転落防止柵を設置すること。

1、緊急箇所整備予算を増額し、全市域のため池への転落防止対策を計画的に進めること。         
 
以上


活動報告にもどる

TOPページにもどる



日本共産党福山市議会議員会