日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2010/6/9 民生福祉委員会議会報告 発達障がいの支援施設 療育センター整備構想

 6月3日に民生福祉委員会が開催されました。
土屋知紀市議が発達障害などに対応するための療育センター構想について質疑しました。概要をお知らせします。

就学後の発達障害に関する相談件数
年間200件超


土屋議員は、委員会で、すこやかセンター内にある「障がい者総合相談窓口」に寄せられる発達障害に関する相談件数を質問しました。
福山市は、小学生以上の発達障害の相談件数は、年間214件(就学前:193件、小学生:181件、中学生26件、高校生以上7件)と答弁しました。
 市は発達障害がある子どもの、診断や療育等を行うため「(仮)療育センター」を整備しようとしていますが、この計画は「小学校に入学する前の子ども(就学前児童)」と、対象者を限定しています。こうすると、小学校入学後に発達課題があると気づいた場合などに、対応できません。
これまでにも、療育センターの対象者を、小学校入学前の子ども(就学前児童)に限定しないよう、議会で繰り返し求めてきましたが、市の答弁は、就学後の発達障害に関わる問い合わせが多くあり、就学前児童に限定することは不可能であることを示しています。

3500人超の署名
「気持ちは受け止めている」
―福山市答弁―


広島県東部で活動する障がい者団体の皆さんから6月までに、療育センターの対象者を「就学前に限定するな」と、3千5百人超の署名とともに要望が提出されています。
このことについて、市は「保護者からの要望や気持ちは受けとめ、今後、広島県と就学後の児童をどのように対応するか協議する」と答弁しました。
療育センターは、就学児童に限定するのではなく、全ての発達課題がある市民の相談窓口として、柔軟に対応できるような機能は求められます。
 保護者らの切実な願いに沿った運動が、一歩ずつ行政を動かすことを示す答弁です。

活動報告にもどる

TOPページにもどる





日本共産党福山市議会議員会