日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2011/8/2 岩手県ボランティア終える

6月27日〜7月2日まで、岩手県宮古市へ、土屋知紀市議や村井あけみ市議ら、9人が震災復興ボランティア活動に参加しました。 宮古市は人口5万9千人、2万4千世帯です。岩手県の東端に位置し、1260平方劼覗換顳姑嵬棔東北地方では2番目の広さです。海岸部には、浄土ヶ浜に代表される壮大なリアス式海岸「陸中海岸国立公園」があり、自然に囲まれています。
一行は、福山から1300勸幣緡イ譟⊆屬20時間かけて現地に入りました。
 宮古市の被害は、死者417人。行方不明者355人、全・半壊住宅は4675戸。一部破損や床上・床下浸水の住宅をあわせると全世帯の約28%が被害を受けました。
街中では至る所で被害の爪あとが見られ、息を飲む思いでした。水道、電気などは復旧していましたが、信号停止の交差点も随所に見られ、交通整理の警察官の姿が見られました。

宮古市役所からの依頼で市内側溝の清掃活動に取り組みました。右・左岸50メートルにびっしりと土砂やコンクリー片トが詰まり、大雨が降ると冠水の原因となっていました。この地区の住宅はほとんどが基礎だけを残し、原型がありません。

「足りないものだらけです」「せめて靴が欲しい」―いぜん深刻な状況
市内には、11箇所の避難所がありますが、仮設住宅の建設が完了した場所から入居が始まっていました。現地では、仮設住宅を訪問し、要望や必要な生活物資などを聞き取るアンケート活動に取り組みました。60歳代の、自宅が全壊したと言う一人暮らしの女性は、「医者へのタクシー代が8800円かかった。交通費補助があればいい。車がなくなり交通手段に困っている」と話していました。


宮古市役所前のガソリンスタンド

また、仮設住宅に入居して2週間という、70歳の女性は、「出費を抑えるために節約して生活している」と話していましたが、その女性は、男性用の靴を履いていました。支援物資の配布で女性用サイズがなく、「せめて足にあった靴を」と訴えていました。また「タオルケット」を要望する20代のカップルや、「足りないものだらけでせめてトイレットペーパーが欲しい」という60代の夫婦など、深刻な生活状況でした。地元共産党組織と連携し、必要物資を届ける手配に奔走しました。


岩手県宮古市役所。3月11日は本会議中で、2階部分まで浸水し、市幹部や全市議が、丸一日、真っ暗な中、庁舎から出られなくなったそうです。


仮設住宅を訪問し要望を伺いました

活動報告にもどる

TOPページにもどる




 
日本共産党福山市議会議員会