日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2011/8/2 原発から撤退を 島根原発を専門家と見学

 7月24日、島根原子力発電所へ見学に行きました。福山から大型バスで50人が参加するツアーで、講師にエネルギー工学の専門家の滝史郎広島大学名誉教授が同行しました。見学ツアーの概要をお伝えします。

島根原子力発電所は福山からバスで約3時間半。築35年経っておりウラン燃料を燃やしますが、その放射性廃棄物の処理先は決まっていません。滝教授によると以前は自衛艦に護衛されながら英や仏に海上輸送していましたが、現在では、日本初のスパイ衛星で追尾し、輸送船から離れた距離で、自衛艦が追走するそうです。猛暑日での最大電力必要量は179Gw(1.79億kW:キロワット)ですが、原発を除いた日本の発電能力は180GKW(1.8億kW)。原発がなくても電力はあるそうです。

島根原子力館からみた原子力発電所

「順次停止し撤退すべき」
放射能の危険性を取り除く技術は、人類はいまだ手にしていません。
そのため無害化技術の研究開発が必要ですが、日本では「放射能の安全研究」は、これまで、「危険な研究」として、禁止されてきたそうです。そのため、福島原発のような過酷事故が起きた場合の対処法はありません。
滝教授は「原子炉の技術は元々が米原潜の動力炉で、安全性は考慮されていなかった。今の原子炉は根本的に欠陥があり、放射性廃棄物の処分法も全く確立されていない。順次停止し、撤退しないといけない」と、話していました。


原子炉内の燃料集合体の模型

活動報告にもどる

TOPページにもどる





日本共産党福山市議会議員会