日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2011/8/2 市役所で放射線測定はじまる

3月11日の東電福島第一原発事故で放射性物質が検出されていることから、福山市内でも、大気中と海水浴場の放射線測定を始めました。放射線濃度は、本庁舎屋上(地上60m)と、国道2号線沿いの大気監視測定局舎横(地上1m)の2箇所を毎日1回(午前10時)測定します。 
海水浴場の放射性物質の測定は、市内3箇所の海水浴場の海水を、表層と下層と砂浜を測定します。測定結果は、異常値が検出された場合は県と連携し適切な対応をする、としています。
 7月4日の市役所の測定値は0.036マイクロシーベルト程度でした。測定結果が小さく、機械誤差の影響を排除するために、2台の簡易型放射線測定器で5回ずつ計測し、その平均値を記入していました。
 日本共産党福山市議団は、3月・6月議会の本会議や予算特別委員会で、放射線を市独自で測定することを強く求めていましたが、この度実現したものです。


2台の放射線測定器の平均値をみます。0.060と0.036μSvの数字が見えます=7月7日、福山市役所

活動報告にもどる

TOPページにもどる






日本共産党福山市議会議員会