日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2011/9/4 侵略戦争のシンボル 「日の丸」を議場に掲げるな! 

福山市議会では、9月議会に、本会議場に「日の丸」を掲げるよう求める請願書が提出されました。
提出したのは、「防衛協会」「ピースクラブ」など、自衛隊関係者団体も含まれていると言われています。
この動きを受け、新日本婦人の会福山支部と、原水爆禁止福山協議会は、緊急請願を徳山威雄議長へ提出しました。

請願書によると、新日本婦人の会福山支部は、「『日の丸』が、これまで本会議場に掲げられなかったのは、市民感情を考慮し、『日の丸』を押し付けないという節度が保たれてきたから」と指摘し、「いたずらに市民や議員の間で考えが対立する問題を議場に持ち込むことなく、被災者救援・復興、市民生活向上に何のわだかまりなく向き合える議場を保つよう、『日の丸』を掲げないことを要望する」と、求めています。
また、原水爆禁止福山協議会は、「『日の丸』掲揚は、国旗・国歌法制定時に、国旗は国のシンボルとして国の公式行事の時に掲げるもので、「国旗掲揚を義務付ない」との当時の首相答弁もある。議場は市民の代表が集う場であるため、市民の中でも歴史的経過から、様々な思いがあるため、市民感情を考慮するべき」として議場への「日の丸」掲揚に反対を表明しました。
「日本会議」の責任者を務めていると言う、徳山議長は「要望の趣旨は承ったが、国旗掲揚は法律で定められているため、私個人は掲揚すべきだと考えている。日の丸がいやなら、別のデザインを、提案すべきではないか」と話していました。
請願の紹介議員には、日本共産党の村井あけみ、土屋とものり、式部まさ子市議が署名しました。提出された請願は、議会運営委員会へ議案として審議される予定のため、高木たけし議会運営委員会副委員長が、審査します。

請願書を提出する新日本婦人の会の信野支部長(右から4人目)=9月2日、福山市議会議場にて

活動報告にもどる

TOPページにもどる



日本共産党福山市議会議員会