日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2011/10/9 若いお母さんら、福山市内の放射能濃度を測定

広島県福山市内の子どもたちを放射能汚染から守ろうと4日から、若いお母さんらでつくるグループ「繋がろう広島」が公園や学校などの放射能濃度を始めました。
日本共産党福山市議団が所有する測定機を借り、今月末にかけて約200カ所を測定する予定です。

「繋がろう広島」は、若いお母さんらがホームページ上で「放射能汚染から子どもたち、家族、仲間、命を守る活動をする集まりです。みんなが役割分担をして出来る人が出来る時間に、無理をしないことを大切に」と呼びかけ、ブログなどで情報交換を始めたグループです。

4、5両日は、グループのメンバーで日本共産党市子ども・女性対策委員長の河村ひろ子さん(37)と若いお母さんが2人組で、計23カ所を測定。平均値は0・1マイクロシーベルト前後で、河村さんは「0・2を超えると危ないといわれるので、今のところは、まだ大丈夫なのかなという感触です」と話していました。


放射能濃度を測定する河村さん(右)ら=10月4日、福山市内

活動報告にもどる

TOPページにもどる





日本共産党福山市議会議員会