日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2004/12/1 日本共産党市議団の要望が実現

 鞆町・箕島町の排水管に、逆流防止弁が取り付けられる事になりました。
12月補正予算案に設置費用が盛り込まれ、来年3月が設置予定で、高木たけし市議を先頭に奮闘していた、日本共産党福山市議団の要望が実現したものです。

逆流防止弁のイメージ図。潮位が上がると水圧で弁が閉まるしくみです

 鞆町原地区では、台風や高潮時に浸水被害が深刻でした。この地域では、高潮で海の潮位が上がると、地下の配水管から海水が逆流し、マンホールの蓋や風呂の排水口から水が溢れる被害が相次いでいました。 
台風十号が接近していた七月三〇日には、鞆町原地区の住民から「台風と高潮が重なると、冠水や浸水が起こるので、ぜひ調査に来てほしい」と要望を受け、高木たけし市議は午後十一時半から現地で、被害状況を調査しました。

浸水により道路にはごみがプカプカ浮いていました=鞆町原地区、7月30日未明

調査直後には建設課への対策の申し入れや、羽田新市長に緊急要望書を提出するなどし、原地区の護岸整備や、逆流防止弁の設置を申し入れました。
緊急要望では台風十、十六、十八号被害の現地調査をもとに、防災対策や、被災者支援策の充実を求めていました。

羽田市長に防災対策・被災者支援の緊急支援を盛り込んだ要望書を提出する福山市議団=9月14日

高木たけし市議は「安全・安心の町づくりの第一歩です。引き続き、全市でこうした対策を行えるよう、がんばります」と話しています。

活動報告にもどる

TOPにもどる
日本共産党福山市議会議員会