日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2004/12/1 失職議員に24万5千円の報酬やめて

 福山市社会福祉協議会(林隆義会長)は11月30日、福山市と沼隈町が合併後、失職町議16人を「行政推進員」に委嘱し、14ヶ月にわたり、月額24万5千円の報酬を支払う行政推進員の設置を、取りやめることを求める請願を、市議会に提出しました。

請願書を提出する花岡事務局長(右から4人目)

 福山市は、沼隈町の編入合併に伴い、沼隈町の元議員を行政推進員として市長が委嘱し、連絡調整のために、年4回程度、会議を召集することを定める条例案を12月議会に提出しようとしています。ところがこの行政推進員の報酬は、町議時代と同額の月額24万5千円で、2006年3月末まで支払うというものです。
 福山市は、内海・新市町との合併時も、失職町議を『行政諮問委員』として、月額25万5千円の報酬を支払い「合併を誘導するためのお手盛り代だ」と市民から厳しい批判を受けました。
 今回の「行政推進員」は、名前を変え、条例化しようとしていますが、具体的な職務の内容や権限、などは、全くありません。
 請願では「倒産やリストラ、長引く不況で市民の生活が逼迫しているとき、失職町議に議員時代と同額報酬を支払うことは、市民の理解を得られない」としています。
 請願提出には、同協議会の花岡利明事務局長のほか、福山民主商工会の西浜会長、福山地区労会議の小林事務局長が参加し、日本共産党の村井、川崎、高木、土屋市議が紹介議員として同席しました。

活動報告にもどる

TOPにもどる


日本共産党福山市議会議員会