日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2004/12/3 自衛隊はすぐに撤退を

 アメリカ軍は、イラク・ファルージャで、市民の大量虐殺を繰る返し行っています。
ファルージャでは、米軍に殺された何百人もの死体が放置されたままの状態で、死臭漂う死の町と化していることが伝えられています。
 このイラクに、日本の自衛隊が派兵し、アメリカ軍とともに、大量虐殺の最前線に立っています。
 小泉首相は、自衛隊のイラクへの駐留を一年間延期しようとしています。


集会挨拶する土屋市議=3日、福山駅前広場

 そのため、「憲法を守れ!有事法制の発動を許すな!福山地域共同センター」は3日「イラクへの派兵延長許すな!緊急集会」と題して、福山駅前で、緊急集会を開き、自衛隊の派兵延長を求めるデモ行進を行いました。
 集会では、佐方光福山原水協筆頭理事が「人道的にも、憲法にも、国際法にも違反した自衛隊のイラク派兵は断じて許せない。自衛隊のイラクからの即時撤退を、の声を大きく広げよう」と基調報告を行いました。
 続いて、日本共産党から、土屋とものり市議が「国連憲章にも、日本国憲法にも違反して、自衛隊を派兵することは、日本がイラク国民からの憎悪の対象になりかねない。しかし、憲法を持つ国の日本人がこうして、自衛隊を撤退せよ、と運動を起こしていることが世界中に知られると、イラクの人たちにとって、希望の灯火になる。粘り強く何度も声をあげ、自衛隊を一刻も早く撤退させよう」と呼びかけました。
 集会の最後に集会決議案が読み上げられ、大きな拍手で採択されました。
 集会参加者らは、集会後駅前繁華街を提灯を手にデモ行進を行い、周囲の注目を浴びていました。

活動報告にもどる

TOPにもどる


日本共産党福山市議会議員会