日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2004/12/14 駅家町で水路転落死亡事故

駅家町で水路転落死亡事故
―日本共産党福山市議団 現場を視察―
 14日、日本共産党の村井あけみ、高木たけし、土屋とものり市議は、駅家町服部の市道で、小型バイクを運転していた男性が、水路に転落死した事件で、現地調査を行いました。

現場を視察する高木たけし市議
 事故発生現場は、市道服部水谷9号線で、自動車一台がやっと通れる幅でした。
 ガードレールや安全コーンなどはなく、水路側には、約1メートル下に、幅約50センチメートル、深さ15センチメートルほどの水が流れる水路がありました。
 また、事故落下現場の南側約10メートルの位置には、アスファルトが陥没していました。
 現場近所に住む男性は「陥没は前の台風被害で起きた。これまでにこんな事故は一度も聞いた事がない。ガードレールが全部についていたらありがたいのだが」と話していました。
 アスファルトの陥没場所を車で走ると、車は時速20キロメートルでも、大きくバウンドしました。

活動報告にもどる

TOPページにもどる



日本共産党福山市議会議員会