日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2004/12/17 住宅リフォーム助成制度をつくって!!

 福山民主商工会は、17日、福山市に住宅リフォーム助成制度と小規模工事等希望者登録制度を実施するよう、要望する要望書を提出しました。
 要望行動には、村井、川崎、高木、土屋の4人の日本共産党福山市団が同席し、福山市は岡崎助役や建設部長らが対応しました。
 
 行動では、福山民商の中山事務長が、「『小規模工事等希望者登録制度』と、『住宅リフォーム助成制度』は、日本全国で広がっている。
この制度があるために、お客さんが、リフォームに踏み切る引き金になるし、業者は、仕事おこしにつながる。制度が出来た他の自治体では、予算の52倍の波及効果も生み出している。ぜひ制度の創設を」と訴えました。
 また、要望行動に参加した建設業者は、「去年、今年から、新しい仕事は全くない。この業界に42〜43年いるが、今年は全く仕事がない」と発言。 内装業者からは、「福山市は仕事に行くと、『リフォーム制度はないのか』と、逆に、お客さんから聞かれたこともある。あちこちで『早く制度の創設を」と、訴えているお客さんがいる。零細業者は、安い単価の押し付けや、仕事がない状態が続いているが、ぜひ制度の創設を」と訴えました。

 岡崎助役は、「この制度は、住宅政策と、地域進行がセットになった制度。 本市は商工行政では、市内の業者に仕事の発注をすすめている。建設業者は、数が多く、重層構造になっている。公共事業が減ったら、利益が減ったとはならない。住宅政策は本市でもやっているが、一般住宅へ、公的支援をする事はなかなか踏み切れない。だから研究している段階だ」と返答しました。

 福山民商では、「波状的に何度もあきめず、要望を申し入れ、運動を広げる事が必要だ」と話しあっていました。

活動報告にもどる

TOPページにもどる





日本共産党福山市議会議員会