日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2005/1/20 ―福井県敦賀市 し尿処理場 行政視察レポート―

1月20日、土屋とものり議員は、福井県敦賀市のし尿処理場への行政視察に参加しました。福山市と神辺町が参加する広域行政組合である、深品環境衛生組合議会が行ったものです。神辺町の廿軒屋し尿処理場は、1964年の稼動以来、築40年が経過しています。し尿処理人口は、7万人余で、年間1万3千キロリットル余のし尿を処理しています。
 施設の老朽化が進み、改修を重ねてきましたが、悪臭問題など、施設の運営方法が検討されていました。今回の視察は、先進地の取り組みを、今後の事業運営の参考にするものです。


 福井県敦賀市は、中国・ロシア・韓国に航路を持ち、カニや雑貨の水揚げが盛んで、人口6万8000人余の3方向を海と山に囲まれた盆地で、原子力発電所の立地でも知られています。
視察した敦賀市のし尿処理施設は、前処理希釈方式(し尿を水で薄めて下水に放水する方式)で、し尿処理対象人口は、69000人、し尿処理能力は、年間1万キロリットルで、02年に完成しました。建設費は11億3925万円。
03年度の事業費は、8700万円余で、施設は765万円で委託管理していました。下水道処理料金は、総額4800万円余でした。

老朽化に伴い苦情増加で全面改修

 敦賀市のし尿処理施設は、1961年に、一日36キロリットルの処理能力で稼動を開始しました。人口の増加に伴い、処理量が増加したため、施設の増設を繰り返していました。
 1965年の初めに、町の区画整理を行ったため、処理場周辺に民間住宅が増加し、悪臭など、住民苦情が寄せられていました。そのため、1995年に、処理場建設の基本計画を作成し、98に地元同意を取り、改修工事を始めました。
改修工事は、3年計画で行い、毎日回収されるし尿の処理は、スクラップアンドビルドで同時に工事を行いました。
この地域は、地下水が豊富なのでこの水を利用し、希釈して下水道本管に放流しています。公共下水道の整備も進めていますが、整備困難地域などから、バキュームカーでし尿を収集し、処理しています。

説明を受ける土屋議員

原発立地助成金で建設

 住民のし尿手数料金は、改修前後で変更せず、180リットル当たり、150円です。前処理希釈方式を選んだ理由として、地下水が豊富なことと、安上がりなのでメリットがあった、と説明がありました。建設財源としては、原発立地の補助金を利用していました。
 神辺町のし尿処理施設も老朽化が進んでいますが、財源や基金はありません。建設に伴い住民負担がないよう、研究が必要です。

活動報告にもどる

TOPページにもどる





日本共産党福山市議会議員会