日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2005/1/30 連石せつ子氏が思いをこめて訴えています

福山市議増員選挙をたたかう沼隈町の連石せつ子候市制対策委員は、29日も、辻県議、福山市議団の応援も受け、寒空のなか、9期33年間の思いをこめて訴えました。

辻県議、土屋福山市議とともに訴える連石せつ子氏=29日

「これまでの役場の職員も半分に減らされる。議員もたった一人しかでられない。先に合併した新市や内海は、とたんに町民の声が届かなくなった。絶対にそんなことにしてはならない。みなさんの声をまっすぐに福山市議会に届けるために、全力でがんばります」という連石せつ子候補の訴えが、町民の心に響きます。
 「聞かせてもらいましたよ。世の中、乱れてしまっている。これを正すことができる人を選びたい」という女性。
 じっと聞いていたおばあさんも、「涙が出る思いで聞かせてもらいました。がんばってほしい」と、連石せつ子さんの手をしっかりとにぎりしめました。畑仕事中の人も、話が“行政推進員”の下りにさしかかると、仕事の手を休めて、じっと聞き入ります。支援の議員らも、「どこでも、出て来て聞いてくれる。連石さんの力づよい訴えが一人ひとりの心をしっかりととらえている。町民のために沼隈にどうしても必要な議員。なんとしても議席をかちとりたい」と語っています。


日本共産党演説会
と き 2月10日(木)午後7時30分〜
ところ 奥組クラブ(沼隈町草深)
弁 士 連石せつ子 沼隈区福山市政対策委員
    中林よし子 前衆議院議員
こぞってご参加ください


活動報告にもどる

TOPページにもどる


日本共産党福山市議会議員会