日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2005/5/3 憲法改定は許さない。ねらいは海外で戦争する国づくり

 日本共産党福山市議団は、3日、「憲法改悪を阻止しよう」と、宣伝行動を行いました。
 高木たけし市議、土屋とものり市議、安原一二郎元市議と、日本共産党青年支部に所属する青年が参加し、チラシを配りながら、街頭宣伝を行いました。

 土屋市議は「国会の中では、憲法9条を変えようという、動きが強まっているが、重大なことは、歴史を歪曲して、あの戦争を『正義の戦争』であったかのように、美化する人たちが、憲法改定を目論んでいること。改憲勢力の狙いは、「憲法9条」を改定し、日本を「海外で戦争をできる国」に作り変えることにある」「これを迫っているのは、自分の気に入らない国を、軍事力で、押さえ込む「先制攻撃戦略」を掲げている、アメリカのブッシュ政権だ」と指摘。「日本を、アメリカと一緒になって、世界中にでかけて、「戦争をする国」にしないよう、憲法9条をまもる一点で共同を広げよう」と呼びかけました。

 また、高木議員は、「昨年から始まった、鶴見俊介さんや、加藤周一氏らの、日本を代表する知識人らの呼びかけで出来た『9条の会』が国民の中に、憲法と平和を守れ、という世論を急速に広げている。福山でも、憲法をまもる運動をさらに大きく広げ、日本国憲法の精神が生かされた、真に平和で民主的な日本をつくろう」と訴えました。

 街頭では、立ち止まって耳を澄ます男性や、車からクラクションを鳴らして手を振る人が見られました。

右から安原元市議、土屋、高木市議=5月3日、市内


活動報告にもどる

TOPページにもどる


日本共産党福山市議会議員会