日本共産党福山市議会議員会日本共産党福山市議会議員会みなさんの願い、ひとつひとつ実現していきます。
活動報告

2011/03/29 2011年度 福山市病院事業会計予算について日本共産党の討論

平成23年度 福山市病院事業会計予算について日本共産党の討論を行います。

 本会計は、急性期医療やガン医療など、高度で良質な医療を提供する、市民の命と健康を守る重要な砦である市民病院の予算です。
 当該会計年度には、病棟や化学療法室、内視鏡室や手術室などの増築事業が計画されており、地域の中核病院として、一層の機能の発揮が期待されます。

 今後、不採算部門などに積極的に取り組み、地方公営企業としての本来の使命と役割をより一層果たすことを求め、次の要望意見を付して賛成の討論といたします。
 
一.医師確保策として、福山市で働けば、返還を免除する市独自の奨学金制度を創設すること

一.医師の多忙化解消のため、今後予定されている(仮称)救急支援診療所と現在の夜間小児救急センター等の、積極的な周知・啓発にとりくむこと

一.国に対し,医師の配置基準と養成数を抜本的にふやすよう要望すること。

一.病院駐車場の無料化を堅持し、市民サービス向上に努めること。また、不足している駐車場の拡充に取り組むこと

一.産科,小児科などの高リスク診療科については,医療事故や訴訟を直接医師個人に負わせない制度の確立を国に求めること。

一.加茂診療所など、老朽化した付属診療所の全施設を計画的に増改築し、地域医療の拠点として機能強化を図ること。

一.患者の医療費負担を軽減するため,薬品の使用については,効能,安全性を確認しながら,後発品の使用を引き続き促進すること。

一.アレルギー疾患対策の取り組みを拡充すること。
 
以上です。
日本共産党福山市議会議員会